日本のアニメ産業

日本のアニメは、1917年に日本初のアニメが作られて以来、世界中で人気を博しています。2018年のデータによると、日本のアニメ産業の世界市場規模は204億7000万ドルと評価されており、今後も増加すると予想されています。アニメのファン層は日本国内だけでなく世界中で広がり、市場の成長を大きくけん引。また、映画製作のための資金調達方法も多様化しており、今後の成長に貢献すると予想されています。

 

アニメ人気は世界中で急速に高まっており、開発者やアニメーター、出版社、その他クリエイティブなアーティストらが協働して、市場における価値の創出に向けて責任を果たしています。さらに日本のアニメ産業全体が、ビデオや映画、テレビ、音楽、さらにはパチンコ機にいたるまで、すべての流通媒体で一貫性を保っています。

 

日本のアニメ産業の急成長に貢献したその他の要素といえば、Netflix、Amazon、Daisuki、Crunchyrollなどの大手プラットフォームでの配信が挙げられるでしょう。これらのプラットフォームには世界中から多くの視聴者が集まっており、このことは、インターネット配信やストリーミングが最も高収益なルートであることを示しています。

 

こういった海外配信には映像ソフトウェアの使用許諾、配給、テレビ放送、映画の上映権、商品化のための使用許諾が含まれています。さらに、多くの制作会社が国際的なメディア向けにアニメ制作を開始しています。

 

一方で長時間労働と低賃金なことから、アニメ制作業界の人材不足は深刻です。アニメは完全に手描きで1枚描くのに1時間以上かかるのに対し、1枚あたりの単価はわずか2ドル以下。業界が成長しているのにもかかわらず、熟練のアニメーターたちが収入に満足していないのは間違いないでしょう。

 

アニメの市場シェア

 大手アニメ制作会社といえば、京都アニメーション、ボンズ、マッドハウス、ピーエーワークス、プロダクション・アイジーが有名ですが、他にも多数の制作会社があり、これらの制作会社は主にコンテンツの脚本、企画、制作、演出、特殊効果、キードローイング、編集などを行っています。彼らはみな、より良い体験を生み出し、物語を視覚化するために最新技術を用いています。さらにすべての大手制作会社は、市場で競い、より大きなシェアを獲得するため、提携やコラボレーション、新製品の発売、買収といったさまざまな戦略をとる傾向があります。